【 2011年4月2日号 】
国内未発売の「PlayStationケータイ」が直輸入で発売、
Xperia neoも同時入荷

 国内未発売の“PlayStationケータイ”ことSony EricssonのAndroid搭載スマートフォン「Xperia PLAY」が直輸入で登場、複数のショップが販売した。

 実売価格は84,800円(詳細は「今週見つけた新製品」参照のこと)。ただし、2日(土)までに完売、「次回入荷は未定」(ショップ)という。


●ゲームパッド一体型のスマートフォン
 プリインストールゲームあり


iPhone 4(左)との比較

iPhone 4(左)との比較
 Xperia PLAYは初代PlayStation(以下PS1)のゲームソフトも配信されるという、ゲームプレイに特化したスマートフォン。本体サイズは携帯ゲーム機の「PSP go」とほぼ同じ幅119×高さ16×奥行き62mmで、スライド式の筐体に方向キーや「△○×□」ボタンなどのゲーム用コントローラを備えるといったデザインもPSP goに近いものだ。

 本体にはいくつかのゲームがプリインストールされており、購入後すぐにプレイが可能。同店で確認したところ、PS1ゲームは「クラッシュ・バンディクー」の1本のみがインストールされており、他にも「Xperia PLAY」メニューから「Star Battalion」など複数のゲームがプレイできた。パフォーマンスに関しては、コントローラの操作時にタイムラグが発生するといったこともなく、快適にゲームプレイが可能だ。

 なお、PS1ゲームは当然コントローラのみの操作になるが、Xperia PLAYメニュー内のゲームはコントローラでの操作に加え、タッチ操作でゲーム中の視点切り替えなどが可能。ホームボタンを押すとゲームがポーズ状態になり、Android端末として使えるようになる。

 なお、ソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE)のネットワークサービス「PlayStation Network」では、2011年内にAndroid端末向けのゲーム配信が開始される予定だ。

 液晶画面はマルチタッチ操作に対応し、画面サイズは4インチ(854×480ドット)。無線LAN、Bluetooth、5.1メガピクセルカメラなどの機能のほか、コミュニケーション機能としてビデオチャットやTwitter、Facebookなどのアプリも搭載している。

 対応通信方式はGSM/GPRS/EDGE、UMTS/HSPAなど。本体メモリは400MBで、最大32GBのmicroSDカードが装着できる。搭載OSはAndroid 2.3。

 ただし、今回の製品は海外版のため、同店は「国内での無線LANは使用できない。ゲーム配信サービスが利用できるかどうかも不明で、これらに関する質問も受け付けない」としている。なお、UIなどは日本語で表示されることが確認できた。


[動画] Xperia PLAYでAndroidゲームをプレイ / 83秒 
※Youtubeで動画を視聴したい方はこちら

[動画] Xperia PLAYでPlay Stationゲームをプレイ / 78秒 
※Youtubeで動画を視聴したい方はこちら

●Xperia NeoとXperia arcの海外版も販売中


Xperia Neo

Xperia Neo

Xperia arc

Xperia arc
 このほか、同店には、裏面照射型CMOSセンサー「Exmor R for mobile」を採用した8.1メガピクセルカメラを搭載する「Xperia neo」「Xperia arc」といった新型スマートフォンの海外版も入荷。Xperia arcに関しては、3月下旬に国内版「Xperia arc SO-01C」が発売されたが、今回入荷した海外版は同店によればSIMフリーとのことだ。

 実売価格はXperia neoが52,800円、Xperia arcが69,800円(詳細は「今週見つけた新製品」参照のこと)。


□Xperia PLAY/Xperia neo/Xperia arc(Sony Ericsson)
http://www.sonyericsson.com/cws/corporate/products/phoneportfolio/specification/xperia-play
http://www.sonyericsson.com/cws/corporate/products/phoneportfolio/specification/xperia-neo
http://www.sonyericsson.com/cws/corporate/products/phoneportfolio/specification/xperiaarc

□関連記事
【2011年2月24日】ドコモ、Android 2.3採用スマートフォン「Xperia arc」(AV Watch)
http://av.watch.impress.co.jp/docs/news/20110224_429000.html
【2011年2月14日】ソニーエリクソン、PlayStationケータイ「Xperia PLAY」(AV Watch)
http://av.watch.impress.co.jp/docs/news/20110214_426821.html


Sony Ericsson Xperia PLAY

[撮影協力:Jan-gle 秋葉原本店とJan-gle 3号店(ブロックC1-[e5])]

※特記無き価格データは税込み価格(税率=5%)です。

[ Back ]戻る  

Copyright © 2016 Impress Corporation. All rights reserved.