【 2011年9月9日 】
1枚8GBのDDR3メモリ登場、Sandy Bridgeマザーなどで利用可能
SO-DIMMも

 一部のSandy Bridgeマザーボードなどで利用できる、1枚8GBのDDR3メモリが発売された。対応規格はDDR3 1333(PC3-10600)で、Unbuffered/非ECCタイプ。モジュールメーカーはSAMSUNGだ。

 発売されたのは通常のDIMM「M378B1G73AH0-CH9」と、SO-DIMM「M471B1G73AH0-CH9」の2種類。

 実売価格は1枚25,980円(詳細は「今週見つけた新製品」参照のこと)で、在庫は「どちらも少量」(販売しているドスパラパーツ館)という。


●一部のSandy Bridgeマザーで利用可能


裏面

搭載チップ

ラベル

側面

SO-DIMM

SO-DIMMのチップ

SO-DIMM裏面

SO-DIMM側面
 8GBのDDR3メモリは、サーバ向けのRegistered/ECCタイプが以前から販売されているが、今回の製品は一般的なマザーボードでも使用できるUnbuffered/非ECCタイプ。

 搭載メモリチップはDIMM、SO-DIMMとも同社製の4Gbitチップ「K4B4G0846A-HCH9」で、モジュールの片面に8個ずつ、両面で計16個が搭載されている。レイテンシ(CL-tRCD-tRP)は9-9-9。動作電圧は1.5V。

 これまで出回っていなかった大容量メモリだけに、マザーボードの対応が気になるが、こうした情報はメーカーサイトで確認できる場合もある。

 例えば、Intelでは、今回のDIMM/SO-DIMMともSandy Bridgeプラットフォームで動作すると告知中。また、ASUSもマザーごとにテスト済みメモリの情報を公開しており、一例をあげるとZ68搭載マザー「Maximus IV Extreme-Z」ではM378B1G73AH0-CH9が使用できるとされている。

 購入を検討している人は各社のサイトをチェックしてみるとよいだろう。


□M378B1G73AH0/M471B1G73AH0/K4B4G0846A(SAMSUNG Semiconductor)
http://www.samsung.com/global/business/semiconductor/partnumberSearch.do?webpartnum=M378B1G73AH0&cdnpartnum=&ppmi=PartnoSearch
http://www.samsung.com/global/business/semiconductor/partnumberSearch.do?webpartnum=M471B1G73AH0&cdnpartnum=&ppmi=PartnoSearch
http://www.samsung.com/global/business/semiconductor/partnumberSearch.do?webpartnum=K4B4G0846A&cdnpartnum=&ppmi=PartnoSearch


□Intel Platform Memory Validation
http://www.intel.com/technology/memory/index.htm
□Maximus IV Extreme-Zのテスト済みメモリリスト(ASUSTeK Computer)
http://www.asus.co.jp/Motherboards/Intel_Socket_1155/Maximus_IV_ExtremeZ/#MSL

□関連記事


□関連記事
【2009年9月5日】初の8GB DIMMが登場、1枚16万円
http://akiba-pc.watch.impress.co.jp/hotline/20090905/etc_dataram.html

SAMSUNG M378B1G73AH0-CH9

[撮影協力:ドスパラパーツ館]

※特記無き価格データは税込み価格(税率=5%)です。

[ Back ]戻る  

Copyright © 2016 Impress Corporation. All rights reserved.