【 2011年11月6日 】
「9千円タブレット」が国内ブランドから発売

 9千円で購入できる、国内ブランドの安値タブレットが発売された。実売価格は8,980円(詳細は「今週見つけた新製品」参照のこと)。

 安値のAndroidタブレットは直輸入品や処分品が中心だったが、国内ブランドから発売されたのは新たな動きだ。


 この製品は、AKARTが発売する5インチタブレット「CH-AND500」。

 仕様としては最低限に近く、タッチセンサーは静電容量式を採用するものの、CPUはWM8650(ARM9/800MHz)でメモリは256MB。OSはAndroid 2.2だが、操作するとかなりレスポンスが遅い印象がある。ちなみに「Androidマーケットも利用可能」(ショップ)とか。

 ストレージ容量は4GBで、Micro SDスロット付き。ネットワークはIEEE 802.11b/gの無線LANと有線LANに対応している。液晶解像度は800×480ピクセル。

 最近では高価なタブレットが1万円ほどの処分特価になっている例もあり、そうした製品と比べるとかなり見劣りしてしまうが、「通常価格9千円で国内ブランド」というのは一つの到達点と言えそうだ。


□株式会社AKART
http://akart.jp/

□関連記事
【2011年10月29日】10インチタブレットが9,980円で販売中、BenQの日本向けモデル
http://akiba-pc.watch.impress.co.jp/hotline/20111029/etc_benq.html
【2011年9月17日】7,980円でキーボード付き中古スマホが販売中 / 3月発売のOptimus chat、在庫は多め?
http://akiba-pc.watch.impress.co.jp/hotline/20110917/etc_lg.html
【2011年9月10日】5,980円のAndroid端末に別モデル、今度はARM版
http://akiba-pc.watch.impress.co.jp/hotline/20110910/etc_sysbay.html

AKART CH-AND500

[撮影協力:イオシス アキバ路地裏店]

※特記無き価格データは税込み価格(税率=5%)です。

[ Back ]戻る  

Copyright © 2016 Impress Corporation. All rights reserved.