【 2011年11月9日 】
X79マザーが展示開始、メモリスロット8本のモデルも
発売時期は未定


SABERTOOTH X79

LGA2011

 次期ハイエンドCPU「Sandy Bridge-E」に対応するチップセット「X79」を搭載するというマザーボードのサンプル品が店頭に初登場、ASRockとASUSの合計3モデルが展示中だ。

 展示されているのはASUSの「SABERTOOTH X79」と、ASRockの「X79 Extreme4」「X79 Extreme4-M」。ASUS製品はメモリスロット8つの強力な仕様、ASRockはATXとmicroATXの2モデル。

 展示ショップはTSUKUMO eX.(「SABERTOOTH X79」と「X79 Extreme4」)と、ドスパラパーツ館(「X79 Extreme4」「X79 Extreme4-M」)。発売時期や価格については、対応CPUも含め、「未定」(両ショップ)とのこと。


●LGA1366後継の次期ハイエンド
 新ソケット「LGA2011」は大型


LGA2011

LGA2011

LGA2011

LGA2011

展示の様子

SABERTOOTH X79

SABERTOOTH X79

SABERTOOTH X79

SABERTOOTH X79

X79 Extreme4

X79 Extreme4

X79 Extreme4-M

X79 Extreme4-M
 Sandy Bridge-EはNehalem(LGA1366)の後継となるIntelの次期ハイエンドCPU。CPUソケットにはLGA2011が、チップセットには「Intel X79 Express」がそれぞれ採用されることなどが既に明らかになっているが、それらを搭載したサンプルが店頭に登場したのは初めてだ。

 今回のサンプルで目立つのは大きく変化したLGA2011の構造。従来のLGA1155やLGA1366などよりソケットが大型化したほか、従来はCPUを固定するレバーが1本だったのに対し、LGA2011ではソケットの両端に1本ずつ、計2本に増えている。

 さらに、CPUクーラーの固定方法が従来のプッシュピン式からネジどめ式に変更、CPUソケットの四隅にはネジ穴が用意されている。なお、基板の裏面からソケット部分を見ると、四隅にはプッシュピン用のような穴が開いているが、シールのような物で塞がれていた。

 3製品ともチップセットクーラーにはファン付きの大型ヒートシンクを採用。今回はサンプルなので確認できなかったが、動作中のファンの音量が気になるところだ。

 また、ASUS SABERTOOTH X79は、8基ものDIMMスロットを備えるというサーバー向けマザーボードを彷彿させる外観も特徴的。ビデオカード風デザインのチップセットクーラーやI/Oパネル部全体を覆うカバーもユニークだ。PCI Express x16スロットは3基。

 一方、ASRockのX79 Extreme4とX79 Extreme4-Mでは3基のPCI Express x16スロットと4基のDIMMスロットを装備。基板表面にはCrossFireX、SLI、THXなどのロゴのほか、「4Channels DDR3」「DDR3 2400+」「PCI Express 3.0 Ready」といった文字もプリントされている。

 なお、3製品とも現時点では製品情報は公開されておらず、搭載機能の詳細などは不明。ASUSのX79マザーボード「P9X79 DELUXE」などについては、僚誌PC Watchがフォトレビューを行なっている


□ASRock
http://www.asrock.com/


□ASUSTeK Computer
http://www.asus.com/

□関連記事
【2011年11月5日】「LGA2011専用」クーラーが初登場、CPUも近日発売?
http://akiba-pc.watch.impress.co.jp/hotline/20111105/etc_noctua.html
【2011年10月26日】写真で見るASUSTeKのIntel X79 Expressマザー(PC Watch)
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/topic/feature/20111026_486227.html


ASRock製品 Sandy Bridge-E

[撮影協力:TSUKUMO eX.ドスパラパーツ館]

※特記無き価格データは税込み価格(税率=5%)です。

[ Back ]戻る  

Copyright © 2016 Impress Corporation. All rights reserved.