【 2012年2月15日 】
裸眼3DのフルHD液晶が店頭デモ中、13万円
ヘッドトラッキング機構付き

 裸眼3D液晶のフルHDモデルが秋葉原の店頭に登場、LGの25インチ液晶ディスプレイ「D2500N-PN」がドスパラパーツ館で受注販売中だ。

 実売価格は134,800円(詳細は「今週見つけた新製品」参照のこと)で、納期は約1ヵ月半後。同店では動作デモも行なわれている。


●視差バリア+ヘッドトラッキングの25インチモデル

 D2500N-PNは、2011年10月に登場した20インチモデル「D2000N-PN」と同様に、視差バリア方式を採用した裸眼3D対応ディスプレイ。

 D2000N-PNの解像度は1,600×900ドットだったが、D2500N-PNはフルHD(1,920×1,080)に対応している。

 仕組みとしては、D2000N-PNを引き継いでおり、3D映像を視聴者の頭の位置に最適化する「ヘッドトラッキング機能」を搭載。本体に搭載されたカメラが視聴者の顔の位置を追跡し、視聴者がモニターの正面から移動しても、高画質な3D映像を視聴できるとしている。

 このほか、ブラックレベルやコントラスト、シャープネスを高めて明るい3D映像を実現する「3Dカラーエフェクト機能」も備えている。

 表示できる3D映像は、従来モデルと同じく、付属ソフト「TriDef 3D」を使ったもの。このソフトを利用することで、DVDや写真、PCゲームを3D表示にできるが、Blu-rayソフトは非対応。また搭載するHDMI端子は3D対応のAV機器やゲーム機などには対応しないとしている。

 液晶パネルはTNタイプで、表面処理はグレアタイプ。液晶パネルの主なスペックはコントラスト比1,000:1(最大5百万:1)、応答時間5ms、視野角が水平170度、垂直160度。3Dの最適視聴距離は80-110cmで、D2000N-TN(50-80cm)よりやや遠い。バックライトにはLEDを採用している。

 本体サイズは幅594.3×高さ259.7×奥行き444.8mm(スタンド含む)。映像端子はHDMIとDVI-Dを備える。

 付属品はDVI-Dケーブル、USBケーブル(ヘッドトラッキングカメラ接続用)、TriDef 3D収録ディスク、ユーティリティー収録ディスクなど。

 なお、実際に店頭で見てみると、画面が大きいせいか、D2000N-PNよりも3D感が増した印象。「思ったよりも3Dに見えやすい」点もD2000N-PNと同様のため、裸眼3Dが気になるならば、一度見てみるといいだろう。


□D2500N-PN/プレスリリース(LGエレクトロニクス・ジャパン)
http://www.lg.com/jp/it-product/monitor/LG-cinema-3d-D2500N-PN.jsp
http://www.lg.com/jp/press-release/article/20120214-d2500n-pn.jsp

□関連記事
【2012年2月14日】LG、裸眼3Dに対応した25型液晶ディスプレイ(AV Watch)
http://av.watch.impress.co.jp/docs/news/20120214_511887.html
【2011年10月7日】裸眼3Dディスプレイがデモ開始、受注扱い
http://akiba-pc.watch.impress.co.jp/hotline/20111008/etc_lg2.html
【2011年9月14日】LG、裸眼3D表示が可能な20型「CINEMA 3D」液晶(AV Watch)
http://av.watch.impress.co.jp/docs/news/20110914_477420.html


LG D2500N-PN

[撮影協力:ドスパラパーツ館]

※特記無き価格データは税込み価格(税率=5%)です。

[ Back ]戻る  

Copyright © 2016 Impress Corporation. All rights reserved.