【 2012年2月16日 】
耳掛けカメラに廉価版、6千円
「Bluetoothヘッドセット風カメラ」?

 安価な耳掛けタイプの小型カメラが登場、サンコーの「ミタマンマカメラ(BTHSTDVR)」が発売された。動画撮影時の解像度は640×480ドット。

 実売価格は5,980円だ(詳細は「今週見つけた新製品」参照のこと)。


●VGAサイズの動画などを撮影OK
 プレビュー不可

 この製品は、耳に装着して動画/静止画の撮影と録音が可能な小型カメラ。

 本体にあるフックを耳にかけ、イヤフォン状の突起部を耳穴に入れて固定、本体ボタンで動画や静止画、音声を記録可能。ファインダーは無いためプレビューなどは行えず、また「イヤフォン状の突起」からも音はでない。

 内蔵メモリ容量は4GBで、撮影解像度は動画が640×480ドット(AVI形式)、静止画が1,280×1,024ドット(JPEG形式)。また、音声はWAV形式(128kbps)で保存、データはPCとUSB接続で転送する仕様だ。

 対応OSはWindows 7/Vista/XPだが、「撮影した動画はWindows Media Playerでは再生できないので、GOM PLAYERの使用を推奨する」(サンコー)とのこと。GOM PLAYERはグレテックジャパンのWebサイトで無料で公開されている。

 バッテリーの持続時間は約90分で、本体サイズは幅50×高さ25×奥行き20mm、重量が12g。バッテリーはUSB経由での充電で、充電時間は約3〜4時間。付属品はUSBケーブルなど。

 なお、パッケージにはなぜか「BLUETOOTH」の文字が書かれているが、この部分の詳細は不明。スペック欄にはBluetoothに関する記載はなく、ショップでもこれに関する告知は特にしていない。

 ちなみに海外の通販サイトでは「Bluetoothヘッドセット風のカメラ」という位置づけで販売していることが多い。パッケージの「BLUETOOTH」は、そのための売り文句(?)なのかもしれない。


●顔の映りこみ要注意

 安価なこともあり、なかなか面白そうな製品だが、耳に装着して撮影した場合、顔の一部が映り込みやすい点には要注意。

 同社のWebサイトに掲載されているサンプル動画と静止画では、画像の端に頬や眼鏡の一部が映っているのが確認できる。プレビューできないため、回避が難しそうなのも残念だが、工夫して使いこなすのが良さそうだ。

 なお、「耳掛け式カメラ」としては、Looxcie製品も発売中だが、同製品はスマートフォンと連携する高機能モデル。Bluetoothなども搭載する反面、店頭での実売価格も14,000円ほどと高めだった。


□ミタマンマカメラ(サンコー)
http://www.thanko.jp/product/av/mitamanma-camera.html


□GOM PLAYER(グレテックジャパン)
http://www.gomplayer.jp/

□関連記事
【2011年8月27日】Looxcie LOOXCIE 2 WEARABLE CAMCORDER(LX2)(今週見つけた新製品)
http://akiba-pc.watch.impress.co.jp/hotline/20110827/ni_clooxcie2.html
【2010年11月6日】耳掛け式の動画カメラが登場、プレビューはスマートフォンで
http://akiba-pc.watch.impress.co.jp/hotline/20101106/etc_looxcie.html

サンコー ミタマンマカメラ(BTHSTDVR)

[撮影協力:サンコーレアモノショップ秋葉原総本店]

※特記無き価格データは税込み価格(税率=5%)です。

[ Back ]戻る  

Copyright © 2016 Impress Corporation. All rights reserved.