ニュース

IGZO採用の7インチ液晶パネルセットが販売中、RaspberryPiに最適

実売13,000円、解像度は1,920×1,200ドット

 Raspberry Piに最適という超小型のIGZOディスプレイが登場、「SHARP 7インチ高精細IGZO-LCDパネル 接続モジュールセット(LQ070M1SX01+LQ0DZC0145_6)」が秋月電子通商で販売中だ。店頭価格は税込13,000円。

解像度1,920×1,200ドットの7インチIGZO LCDモジュールや各種基板のセット

解像度は1,920×1,200ドット
PC画面を出力した状態
LCDモジュール
使い方
製品仕様

 この製品は、シャープ製の7インチIGZO LCDモジュール(LQ070M1SX01)と、HDMI−MIPIブリッジ基板(LQ0DZC0145)、I/F基板(LQ0DZC0146)などをセットにしたもの。これらを組み合わせることで、HDMI入力を持つIGZOディスプレイとして使用できる。

 LCDモジュールは、7インチの超小型ながら、解像度が1,920×1,200ドットと高い。画素密度は332.5ppi。同店は「Raspberry Piの高精細ディスプレイとして最適」と用途を提案しており、Raspberry Pi用のconfig.txtファイルをWebサイトで公開している。また、編集部では、Intel HD Graphics 4000を搭載したPCと接続して画面が表示されることを確認した。なお、ブリッジ基板はHDCP非対応とのこと。

 電源はブリッジ基板のMicro USB端子に供給する。電源アダプタ(5V、1A以上)は別途用意する。

 LCDモジュールの主なスペックは、色数RGB 24bit、リフレッシュレート60Hz、表示エリア94.5×151.2mm。モジュールサイズは幅99.7×高さ159.85×奥行き1.725mm。