ニュース

USB 3.1 Type-C搭載の2.5インチSATA-SSDが近日発売、Apacer製

内蔵、外付けどちらでも利用可能

 USB 3.1 Type-Cポートを備え、外付けでも使える台湾Apacerの2.5インチSSD「AS720 Dual Interface SSD」が近日発売予定だ。ツクモパソコン本店IIには、容量240GBモデル「AP240GAS720-1」のサンプルが入荷している。予価は税込15,980円前後。

変換アダプタが無くても外付けドライブとして使用できる2.5インチSATA-SSD

 この製品は、2.5インチ・厚さ7mmの6Gbps SATA対応SSDで、PCケースなどに内蔵して使えるほか、外付けドライブになるのが特徴。

 本体側面にUSB 3.1 Type-Cポートが装備されており、変換アダプタなどを接続せずに、そのまま外付けドライブとして使用できる。パッケージにはUSBケーブル(Type-A−Type-C)のほか、SATAコネクタの保護キャップやポーチが同梱されている。

 容量は全2種類で、今回の240GBのほか120GB(AP120GAS720-1)が用意。NANDフラッシュはMLCタイプ。本体サイズは幅69.9×高さ7×奥行き100mm。

 240GBモデルのシーケンシャルアクセス性能は、USB接続、SATA接続ともにリード550MB/s、ライト460MB/sとされている。また、ランダムアクセス性能はリード78,000IOPS、ライト75,000IOPSとされている(いずれも最高値)。

 ただし、消費電力はUSB接続のほうが多いという。240GBモデルの消費電流のスペックは、SATA接続がアクティブ時700mA、アイドル時60mA、USB 3.0接続がアクティブ時950mA、アイドル時250mA、USB 3.1接続がアクティブ時1,100mA、アイドル時300mA(いずれも動作電圧は5V)。

[撮影協力:ツクモパソコン本店II]