ニュース

Iris Graphics搭載のSkylake版Intel NUCが発売

CPUはCore i5、筐体サイズの違いで2モデル

 Skylake版Intel NUCのCore i5モデルが登場、2.5インチベイを搭載した「NUC6i5SYH」と2.5インチベイ非搭載の薄型モデル「NUC6i5SYK」が発売された。

 店頭価格は両モデルとも同じで、税込58,900円〜60,300円前後。

 販売ショップはパソコンハウス東映テクノハウス東映パソコンショップ アークドスパラパーツ館BUY MORE秋葉原本店ツクモパソコン本店ツクモeX.パソコン館など。

Core i5-6260U搭載のIntel NUC、GPUはIris Graphics 540

 これらは、Iris Graphics内蔵のCPU「Core i5-6260U」を搭載したIntel NUC規格のPC自作キット。Core i5-6260UはSkylake世代の2コア/4スレッドのCPUで、動作クロックはベース1.8GHz/ターボ時最大2.9GHz(Intel NUCの製品情報ページでは同1.9GHz/2.8GHzと表記)、キャッシュ容量は4MB、TDPは15Wといったスペックを持つ。

 IntelのSkylake搭載NUCは1月にCore i3搭載モデルが発売されており、今回のモデルはそれよりも上位にあたる。なお、内蔵GPUはCore i3モデルではIntel HD Graphics 520だったが、今回のCore i5モデルではIntel Iris Graphics 540になっている。

 今回のモデルは2.5インチベイの有無を除く仕様は共通で、搭載デバイスはHDMI/Mini DisplayPort出力、7.1chサウンド、1000Base-T LAN、IEEE 802.11ac無線LAN、Bluetooth 4.1など。このほかにUSB 3.0×4(前面と背面に各2ポート、前面のうち1つは充電可能ポート)、USB 2.0×2(内部ヘッダピン)、SDXCカードスロットを備える。メモリはDDR4-SODIMM×2対応。

 NUC6i5SYHの本体サイズは115×111×48mmで、ドライブベイは2.5インチSATA-SSD/HDD用×1とM.2 SSD用(2242または2280)×1。

 NUC6i3SYKの本体サイズは115×111×32mmで、ドライブベイはM.2 SSD用(2242または2280)×1。

 付属品は65W ACアダプタ、VESAマウントブラケットなど。

※2/17 13:20更新: CPUの動作クロックが、Intel NUCの製品情報とCPU単体の製品情報で異なるため、両方記載しました。

[撮影協力:ドスパラパーツ館BUY MORE秋葉原本店]