【 2009年10月17日号 】
高速ストレージ頂上決戦、「SSD VS RAMディスク」4ポートRAID 0編
Text by 久保 勇


RAMディスクとSSD、最速ストレージはどっちだ

 単体SSDとしては最速となる「G-Monster-PROMISE PCIe SSD」。9月末にfumio氏によるレビューをお届けしましたが、それだけで終わらせるのはもったいないので、手持ちのRAMディスク「ANS-9010」のRAID 0環境と速度を比較してみました。モンスター級ストレージの頂上決定戦を行ってみたいと思います。

 「G-Monster-PROMISE PCIe SSD」の内部はキャッシュ搭載ハードウェアRAIDコントローラ+SSDという構造になっており、4ポートでRAID 0が構築されています。構成をなるべく同等とするため、RAMディスク側も4ポートでRAID 0を構築(RAIDカードはSiliconImage SiI3124搭載品、ソフトウェアRAID/キャッシュ無し)

 今回は下記構成のPCを使用して速度を比較しています。

CPU:Intel Core2 Quad Q9650
マザーボード:ASUS Striker II Formula(nForce 780i SLI)
メモリ:DDR2-800 2GB×2
ビデオカード:ELSA GeForce 8800 GT
OS:Windows XP Professional SP3

一発の数値ではキャッシュ有りRAIDのSSDが優位、ランダムアクセスはRAMディスクが高速

 まずはCrystalDiskMarkHD Tuneで速度を比較。

 まず、「G-Monster-PROMISE PCIe SSD」ですが、256MB DRAMキャッシュ搭載ということもあり、キャッシュ内に収まるサイズ(100MB時)であればシーケンシャルリードはなんと1GB/sオーバー。1GB/s超えはただ速いというだけでなく、ストレージマニアが意識する大きな指標でもあります。
 ただし、実ストレージの速度(1,000MB時)に関してはキャッシュ速度にくらべてだいぶ落ちてしまう模様。なお、実ストレージの速度は計測結果にバラつきが出たので、結果の良かったものを掲載しました。アクセスタイムは0.2ms(HD Tuneで計測)。

 RAMディスク側は4kのランダムアクセスが非常に高速。RAIDカードがソフトウェアRAID/キャッシュ非搭載ということもあり、ピーク性能はSSDに劣ります。なお、計測毎の速度のバラつきはありませんでした。アクセスタイムは最速と言える"0.0ms"を記録(HD Tuneで計測)。

 キャッシュ内に収まるサイズのデータであればSSD、多くのデータを扱う場合はRAMディスクと、どちらが最速かは使用環境次第という結果に。一長一短あるので引き分けですかね〜。

・G-Monster PCIe ・ANS-9010(RAID 0)

CrystalDiskMark(100MB時)

CrystalDiskMark(100MB時)

CrystalDiskMark(1,000MB時)

CrystalDiskMark(1,000MB時)

HD Tune(64KB時)

HD Tune(64KB時)

●コラム
  〜SiI3124搭載カードの性能を最大限発揮させる〜


CrystalDiskMark(1,000MB時)
 RAID 0でランダムアクセス性能を稼ぎたい場合、ストライプサイズを極力小さな値にするというのがセオリー。SiI3124搭載カードの場合、若干ではあるがさらに速度を稼ぐ方法がある。今回テストしているRAMディスク環境で実践してみた。

 右がCPUの省電力機能のC1E(Enhanced HALT)とEIST(Enhanced Intel SpeedStep Technology)をBIOS上からオフにした時の結果。省電力機能オンの状態と比べてシーケンシャル、ランダム問わず10MB/s前後速度が上昇している。ソフトウェアRAIDはCPU性能に依存する面があるため、CPUがフル稼働状態の時はより性能が発揮されるようだ。

 たった10MB/sと思うかもしれないが、4kランダムアクセスが10MB/sも上昇することはマニア的には超重要ポイント。ここの数値は体感速度などにも影響してくるので、1MB/sでも稼ぎたい。また、98MB/sというと250GBプラッタの3.5インチHDDのシーケンシャルリードの速度と同等。実際に使ってHDDより10倍速い!というような体感差は無いが、馬鹿げた数値ではある。

 なお、C1EとEISTをオフにするとアイドル時の消費電力はかなり増えることになるので要注意。

OS起動時間はRAIDコントローラ次第、アプリケーションの起動は若干RAMディスクが優位

[動画] 電源投入からOS起動完了まで / 1分40秒
※別ウィンドウで開きます
 次はOSとアプリケーションの速度を比較。

 OS起動に関しては電源投入から起動後砂時計が消えるまでを計測。結果はRAMディスクが40秒ほど、SSDが1分40秒ほどとなりました。時間だけ見ればRAMディスク環境の圧勝となっていますが、ストレージというよりはインターフェイスカードの比較になっていますね………。

 ハードウェアRAIDカードは高速なDRAMキャッシュが利用できたり、RAID 5/6などが高速というメリットがありますが、初期化に時間がかかります。特にSAS用のRAIDカードは起動にかなりの時間がかかる傾向有り。  

 ソフトウェアRAIDカードは性能がCPU依存であるため、RAID 5/6などでの運用には向きませんが、起動が速いという特徴があります。ちなみに、マザーボードのチップセットが標準で備えるRAID機能もソフトウェアRAIDなので、起動速度は最速クラス。

[動画] PhotoShop CS4起動完了まで / 5秒
※別ウィンドウで開きます
 アプリケーションの起動時間比較にはPhotoShop CS4を使用し、OS起動後1回目の起動時間で比較しています(2回目以降はキャッシュが残り、ストレージの影響をあまり受けないため)。

 結果は僅差でRAMディスクが勝利。明確にどちらが速いのかは並べて比較しないとわからない差ですが、このわずかな差が体感速度の印象を変えることもあります。ファイルを開く時や、アプリケーションを立ち上げる時など、小さな差が積もり積もって「使っていてなんか軽い」という感覚に繋がったり、自分の操作に対してPCの動作がラグ無しに追随してくるような心地よい感覚を生んだりもします。侮ることはできません。

 RAMディスクを使っている人は"この速さ"が癖になって手放せないという人も多いのでは?ご多分に洩れず筆者も癖になっています。

実速はRAMディスク、「ロマンの数値」ならハードウェアRAIDのSSD

 起動の速さや操作感、ランダムアクセスの性能など、トータルでみるとRAMディスクの方が高速です。しかし、DRAMキャッシュの速度とは言え、1GB/s越えは非常にロマンのある数値。ベンチマーク上にしか現れない数値だったとしてもマニアとしては捨てがたい。実速の性能を取るかロマンを取るか、どちらが速いかは好みによるとも言えるかも。

 ちなみに、実際の操作感はどちらの環境もHDD/SSD(非RAID)の環境と比べるとかなり快適。特にHDDから乗り換えた場合は「爆速」を体感できるはず。ただ、今回の環境を導入するにはどちらも20万〜30万円ほどかかるので、「手軽に」とはいきませんが……。コストパフォーマンスは悪くとも、マニア的には所有欲を満たしてくれるアイテムではあります。

 「ぶっちゃけ高すぎる」、「そんな予算は無い」という人でも高速ストレージの世界を体感したいというのであれば、SSDなら2台でRAID 0、RAMディスクであれば単体での使用をお勧めします。SSDであれば2台程度であればリニアにシーケンシャルの速度があがりますし、RAMディスクは単体でも独特な使用感を感じられますよ。

□関連記事
【2009年9月26日】現行最速のSSDでゲームは快適になるのか?FPSゲーマーfumioが試す「G-Monster-PROMISE PCIe SSD」
http://akiba-pc.watch.impress.co.jp/hotline/20090926/sp_fumgm1.html
【2009年5月30日】公称1GB/sの超高速PCIe-SSDが発売、PhotoFast製 〜SSD初の1TBモデルも登場〜
http://akiba-pc.watch.impress.co.jp/hotline/20090530/etc_pfast2.html
【2008年12月17日】高速ストレージで1GB/s突破を目指す! ANS-9010×4台のRAID 0動作テスト
http://akiba-pc.watch.impress.co.jp/blog/archives/2008/12/1gbsans90104rai.html
【2008年11月8日】DDR2対応RAMディスク「ANS-9010」を試す
http://akiba-pc.watch.impress.co.jp/hotline/20081108/sp_acard.html
【2008年11月1日】ACARDのDDR2 RAMディスク「ANS-9010」が発売、4GB×4枚セットの対応メモリも登場
http://akiba-pc.watch.impress.co.jp/hotline/20081101/etc_ans9010.html

PhotoFast G-Monster-PROMISE PCIe SSD
ACARD ANS-9010



[ Back ] TOPに戻る Copyright (c) 2016 Impress Corporation. All rights reserved.