【 2009年12月5日号 】
ACアダプタ大のミニサーバ「玄柴」が発売
 大き目のACアダプタサイズ、という超小型サーバキット「KURO-SHEEVA(玄柴)」が玄人志向から発売された。本体サイズは96.5×110×48.5mmで、OS起動用の512MBフラッシュメモリなどが内蔵されている。実売価格は16,800円前後(詳細は「今週見つけた新製品」参照のこと)。

 玄柴は同ブランドが「LinuxBox」と呼ぶカテゴリの製品。Marvell SheevaベースのSoCプロセッサ「88F6281」(ARMアーキテクチャ/クロック1.2GHz)や各512MBのDDR2メモリとフラッシュメモリを搭載、OSとしてはUbuntu Linux 9.0.4を先述のフラッシュメモリにプリインストールしている。

 用途としては、eSATA/USB 2.0ポートなどに外付けドライブを接続、ファイルサーバとして使ったりできるほか、他のPCからネットワーク経由でLinuxコンソールを使用することなども可能だ。ネットワークインターフェイスは1000Base-T。

 本体は黒色で小型のボックス型とあって、見た目はACアダプタといった印象。本体にはコンセントに直結できるACプラグもついており、これを使えばまさに「ACアダプタそのもの」になるが、残念ながらこのプラグは米国仕様で、国内使用不可。国内で利用する場合は付属のACケーブルを併用する構造だ。

 本体に備えるインターフェイスはeSATA、USB 2.0、USB 1.1(miniUSB)、Gigabit Ethernetといったインターフェイスのほか、SDカードスロットを装備している。消費電力は約11W。

 付属品は「DevelopmentCD-ROM」、USB-miniUSBケーブル、LANケーブル、ACケーブル。


□KURO-SHEEVA(玄人志向)
http://kuroutoshikou.com/modules/display/?iid=1440

□関連記事
【2008年12月6日】HDD4台用の「玄箱」が発売に
http://akiba-pc.watch.impress.co.jp/hotline/20081206/etc_kuroto.html
【2007年3月3日】玄箱の最上位モデルが登場、Linuxサーバ向けに高機能化
http://akiba-pc.watch.impress.co.jp/hotline/20070303/etc_kuroto.html
【2009年12月4日】ミニサーバー「玄柴」直販は売り切れ。年明けに追加出荷
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/20091204_333384.html

玄人志向 玄柴

[撮影協力:ツクモパソコン本店]

※特記無き価格データは税込み価格(税率=5%)です。

[ Back ]戻る  

Copyright © 2016 Impress Corporation. All rights reserved.