【 2010年10月9日号 】
裸眼立体視の22インチ液晶が販売中、店頭デモも

 専用グラスなどを使わず、裸眼のまま立体視できる22インチ液晶ディスプレイがドスパラ アキバ店で展示。受注受付が始まっている。

 実売価格は液晶+ソフトセットで128,000円(詳細は「今週見つけた新製品」参照のこと)で、納期は約1週間。


●視差バリア方式の液晶ディスプレイ
 液晶+ソフトセットで13万円

 この製品は、独VisuMotionの3D技術「Parallax Barrier Technology」を採用したVMJ製液晶ディスプレイ。この技術は、液晶パネルに特殊フィルタを貼り付けることで格子状の“隙間”を設け、左目用の映像と右目用の映像に分離する、というものだ。

 製品形態は、フィルタを装着した専用ディスプレイ「22" PB 3D Display」と、各種3D動画ファイルの再生に対応したソフト「3D Movie Center」、対応ソフトを立体視できる「DeepOutside3D.Z」の3つが個別に発売されており、今回はこれら3つがセットで販売されている。

 利用のポイントになりそうな立体視ソフト「DeepOutside3D.Z」はDirect3D 9/10/11などのソフトを立体表示できるもの。今回販売されるセット品では、Adobe Reader 3DやGoogle Earth、Grand Theft Auto IVなど10種類のプロファイルが利用可能だが、「他のソフトは非対応」(ショップ)とのこと。

 ただし、VMJが用意する上位バージョンではプロファイルを自作することも可能とされる。

 液晶そのものの解像度は1,680×1,050ドット。立体視できる最適距離は80cmとされている。入力コネクタはDVIとVGA。

 なお、今回の販売価格である「128,000円」は「発売キャンペーン価格」とされているが、ドスパラで用意した立体視向けのPC(109,800円)とセット購入することで、いつでも128,000円で購入できるという。

●Google Earthで店頭デモ中

 気になる実際の見え方だが、最適距離とされる80cmを保てば、確かに裸眼で立体視可能。店頭ではGoogle Earthなどでデモが行われており、ビルがこちらに飛び出す様子も確認できる。

 ただし、位置取りの関係なのか、画像には一定のブレを感じる印象。また、2Dの文字なども見にくいため、「立体視専用」と割り切って利用したほうがよさそうだ。ドスパラ アキバ店の店頭デモは自由に触れる状態になっており、実際の見え方などを確認するのもいいだろう。



□VisuMotion
http://www.visumotion.com/
□裸眼3Dの仕組み(VMJ)
http://www.vmjinc.com/tech/

□関連記事
【2010年1月30日】裸眼で立体視できる21.5"フルHD液晶がデモ中
http://akiba-pc.watch.impress.co.jp/hotline/20100130/etc_visumotion.html

VMJ 22" PB 3D Display

[撮影協力:ドスパラ アキバ店]

※特記無き価格データは税込み価格(税率=5%)です。

[ Back ]戻る  

Copyright © 2016 Impress Corporation. All rights reserved.