【 2011年8月9日 】
スマホ向けキーボードに受話器を一体化、
リモコンにもなる複合デバイスが登場

 スマートフォン向けのBluetoothキーボードと受話器を一体化、さらにヘッドフォンアダプタにもなるという多機能なデバイス「iBOW mobile」がPricetonから発売された。

 ラインナップはiPhone用2種類(ブラック/ホワイト)とAndroid用1種類(ブラック)で、実売価格は7,500円前後(詳細は「今週見つけた新製品」参照のこと)。


●キーボード/受話器/ヘッドフォンアダプタが1デバイスに
 裏面側にもボタンあり

 この製品は、スマートフォン向けのBluetoothキーボードに受話器を一体化、さらにリモコンやヘッドフォンアダプタにもなるという多機能デバイス。

 まず、ベースとなるキーボード部分はキー数36キーのバックライト付き。数字とほとんどの記号はFnキーを併用する仕様で、カーソルキーもFnキー併用。キーボードの裏面側にはリモコン用の操作ボタンもついており、音量の調整や曲の移動、Home画面への移動などが行える。

 なお、Androidではこれら裏面ボタンをカーソルキーとして使うモードも備えている。表側のキーと同時に使えるかどうかは明記がないが、同時に使えるとすると、あまり例のない「両面使えるキーボード」ということになる。

 また、受話器としては通話/終話ボタンやマイク、スピーカーを搭載。液晶画面はないが、この製品を使うことで「スマートフォンの画面を見ながら通話できるのがメリット」(Princeton)としている。音質向上機能としてはエコーキャンセル機能やノイズキャンセル機能も搭載している。

 最後のヘッドフォンアダプタ機能は、Bluetoothのオーディオアダプタとして機能するもの。3.5mmのステレオイヤホンジャックを搭載、ここにイヤホンをつけて操作できるほか、先述のリモコン機能も利用できる。

 基本スペックはiPhone用/Android用共通で、サイズは幅44.1mm×高さ106.1mm×奥行き11.99mm、重量は45g。バッテリーはUSBバスパワー充電で、連続通話時間が約20時間、連続再生時間が約15時間、連続待受時間が約400時間とされている。

 Androidモデルの対応デバイスにはGALAXY Tabなどのタブレットも一部含まれている。


□PTM-BHK(プリンストンテクノロジー)
http://www.princeton.co.jp/product/bluetooth/ptmbhk.html

Priceton iBOW mobile

[撮影協力:パソコンハウス東映テクノハウス東映]

※特記無き価格データは税込み価格(税率=5%)です。

[ Back ]戻る  

Copyright © 2016 Impress Corporation. All rights reserved.