【 2011年9月9日 】
投影式バーチャルキーボードにBluetooth版、スマホもOK

 投影式キーボードの新製品が久々に登場、韓国CelluonのBluetoothキーボード「Magic Cube」の英語版が販売中だ。

 実売価格は24,800円(詳細は「今週見つけた新製品」参照のこと)。


 Magic Cubeは、赤色レーザーでキーボードの映像を投影し、その映像に触れることでキー入力できるという入力デバイス。

 実体のない“仮想キーボード”のため、打鍵感はないものの、テーブルや壁などの平面さえあればどこでも使用可能。またそのSF風なインターフェイスも特徴だ。

 本体は手のひらに収まるほどコンパクトで、おおむね小さめの薬ビンほど。ちなみに、投影する場所は「模様のない平面が最適」(販売しているGENO Mobile(ブロックD1-[f6]))とのこと。

 同様の投影式キーボードとしては、2004年12月に登場したピンチェンジの「バーチャルキーボード」(シリアル接続)などがあるが、今回の製品はBluetoothを採用。iPad/iPhoneやAndroidタブレットへの対応もうたわれている。

 投影されるキーボードのレイアウトは、テンキーのないメインキー部分のみ。ファンクションキーもないほか、全体が「山型」になっているなど若干特殊な部分はあるものの、QWERTY配列なのでタイピングは難しくなさそうだ。

 また、タッチパッドのように使うことも可能で、同社のデモ映像ではキーボードの映像の上を指でなぞったりタップしたりして操作する様子が紹介されている。

 このほか、「FN」キーと「BACK」キーを同時に押すと、キーボードの映像が消えて省電力モードに移行。投影面をタップすることで再び使用できる状態になる。

 本体前面には、キーボードの映像を投影するレーザー式プロジェクタ、指の動きを捉える光学式センサーなどが装備。背面には電源スイッチ、miniUSBポートが用意されている。電源は内蔵バッテリーで、容量は700mAh。


□Magic Cube(Celluon)
http://www.celluon.com/products/laserkey1_3.htm?sm=2_1
http://www.youtube.com/watch?v=g0qARDGJj1w

□関連記事
【2005年9月17日】i.Tech Dynamic Virtual Keyboard(今週見つけた新製品)
http://akiba-pc.watch.impress.co.jp/hotline/20050917/ni_i_in.html#vkb
【2005年6月25日】投影式バーチャルキーボードのケータイ用接続ケーブル登場
http://akiba-pc.watch.impress.co.jp/hotline/20050625/etc_vkbktai.html
【2004年12月11日】これぞ未来型?投影式のバーチャルキーボードがデビュー
http://akiba-pc.watch.impress.co.jp/hotline/20041211/etc_vkb.html


韓国Celluon Magic Cube

[撮影協力:GENO Mobile(ブロックD1-[f6])]

※特記無き価格データは税込み価格(税率=5%)です。

[ Back ]戻る  

Copyright © 2016 Impress Corporation. All rights reserved.