【 2011年9月28日 】
駅前に「AKB48カフェ」 がオープン
GUNDAM Cafeのすぐ隣

 「ファンのための秘密基地」もあるというAKB48のカフェやグッズのショップ「AKB48 CAFE&SHOP AKIHABARA」が29日(木)にオープンした。

 店舗はJR秋葉原駅の電気街口付近で、「GUNDAM CAFE」の隣だ。



カフェの入口

テイクアウトコーナー

ショップ入り口

前日深夜の点灯試験の様子

左はGUNDAM Cafe
 このショップは「思う存分AKB48を観て、聴いて、食べて、語れる場所」(同店)というAKB48のファンに向けたスペース。

 ショップ最大の特徴は、136インチの大型スクリーンを備えた「シアターエリア」。AKB48劇場の直近(1週間前)の公演が毎日上映され、ビュッフェの料理を食べながら観覧できる。利用には予約が必要で、料金は2,700円(ビュッフェ料金含む)。

 もう一つユニークなのは「ファンのための秘密基地」(同店)として用意したという「個室(プライベートルーム)」。最大16名入ることができる部屋にはAKB48のDVDや雑誌も用意されており、“感想戦”“生誕祭”“○○推しの会”など様々な集いを催せるという。利用には予約が必要で、料金は10,000円(ドリンク料金含む)。

 食事やスイーツなどが楽しめるカフェエリア、限定商品も買えるというグッズショップ、「AKB48パイ大福」(3個入り700円)などを持ち帰れるテイクアウトコーナーなども用意。カフェエリアには予約席(2,000円、食事料金含む)もあり、利用者には来店記念撮影も行なうという。

 初日となった29日(木)には入場希望者や報道陣が取り囲み、かなりの混雑を見せていた。


●「ものづくりの街」もグランドオープン
 御徒町 - 秋葉原間の高架下に

 なお、同じ29日(木)には、ジェイアール東日本都市開発がJRの高架下で開発を進めていた“ものづくりの街”というコンセプトの商業施設「2k540 AKI-OKA ARTISAN」がついに完成、17店舗が加わり、グランドオープンしている。

 こちらも同じJRの高架下だが、場所は秋葉原 - 御徒町の中間付近。アクセサリー、インテリア、ジュエリー、工芸品など“ものづくり”を中心とした店舗が並び、製作現場を見たり職人と直接コミュニケーションしたりできるというユニークな空間となっている。


□AKB48 CAFE&SHOP AKIHABARA
http://www.akb48cafeshops.com/
□2k540 AKI-OKA ARTISAN
http://www.jrtk.jp/2k540/shop/

□関連記事
【2010年4月24日】GUNDAM Cafeがオープン、初日は2時間半待ちも
http://akiba-pc.watch.impress.co.jp/hotline/20100424/etc_bandai.html



※特記無き価格データは税込み価格(税率=5%)です。

[ Back ]戻る  

Copyright © 2016 Impress Corporation. All rights reserved.