【 2012年10月27日 】
「弾薬箱PC」が展示中、持ち運ぶゲーミングPCに?

 アーモボックス(弾薬箱)を筐体に用いたユニークなPCがドスパラパーツ館で展示中だ。製作したのは、過去に「スーファミPC」を手がけた同店スタッフのE氏。販売予定はないとのこと。

 「いざ戦いへ」という意気込みで使える、まさにゲーミングPC向け(?)の筐体だ。


●持ち運ぶゲーミングPCに?

 どこか工具箱のようにも見えるこの物体は、弾薬を収めて持ち運んだりするための「アーモボックス」。

 中にはA10-5700やASRockのMini-ITXマザー「FM2A75M-ITX」などが組み込まれており、もちろんPCとして使用できる。取っ手の付いた蓋を開け、I/Oパネルにケーブルなどを差し込んで使うという、従来の改造PCとはちょっと違うスタイルだ。

 そして、このアーモボックスはなんと実戦で使われていたという。同氏によれば、アーモボックスは他のショップから仕入れたもので、「ショップからは、実際に戦場で使われていたものと聞いている」という。価格は約2千円だったとのこと。

 アーモボックスをPCケース化するのにはかなり手間がかかったそうで、「箱に多くの穴を開ける必要があるが、ぶ厚い鉄板のため、電動ドリルなどを使った」「きちんと垂直に穴を開けないと、箱が歪んでしまう」といった苦労があったという。製作期間は設計で3日、工作で1日、PCパーツの組み込みで1日。

 そのほか組み込まれているPCパーツは、Intel SSD 520、アビーのACアダプタ電源「AC150-AP04AA」、ドスパラブランドの5インチベイ用USB3.0接続リムーバブルケース「DP-HD522BB」など。製作費用はアーモボックス、PCパーツ込みで約7万円という。


□関連記事
【2012年10月10日】Trinity初のMini-ITXマザーが発売に、ASRock製
http://akiba-pc.watch.impress.co.jp/hotline/20121013/etc_asrock.html
【2012年3月30日】スーファミを改造した「スーファミPC」に最新版、作り方も紹介
http://akiba-pc.watch.impress.co.jp/hotline/20120331/etc_dospara.html


[撮影協力:ドスパラパーツ館]

※特記無き価格データは税込み価格(税率=5%)です。

[ Back ]戻る  

Copyright © 2016 Impress Corporation. All rights reserved.