ニュース

初代iPad Air/iPad mini Retinaが最大1.6万円の値下がり

中古品も同様に値下がり、新型の予約も開始

新モデルの予約受け付け開始

 Appleの新型タブレット端末「iPad Air 2」「iPad mini 3」の予約受け付けが、18日(土)に始まった。新モデルの予約開始にあわせて、初代iPad AirとiPad mini Retinaディスプレイモデル(新モデル発売にあわせて「iPad mini 2」に改称)のWi-Fiモデルが大きく値下がりしている。値下がり幅は最大16,000円。

値下がり幅は大容量モデルのほうが大きい状況、64GB/128GBモデルは在庫限り?

初代iPad Air
値下がり後のiPad Airの価格
iPad mini Retinaディスプレイモデル
値下がり後のiPad mini Retinaディスプレイモデルの価格

 値下がりを確認した店舗はソフマップ 秋葉原 本館で、値下がり後の店頭価格(税抜き)は、iPad Air Wi-Fi 16GBが42,800円、同32GBが47,800円、同64GBが53,800円、同128GBが64,800円、iPad mini Retinaディスプレイモデル Wi-Fi 16GBが31,800円、同32GBが36,800円、同64GBが42,800円、同128GBが53,800円。

 新モデル発表前との価格差はiPad Airが6,000〜15,000円、iPad mini Retinaディスプレイモデルが7,000〜16,000円で、両シリーズとも低容量モデルよりも大容量モデルのほうが値下がり幅が大きくなっている。

 なお、Appleの通販サイト「Apple Store」では、すでにiPad Air/iPad mini Retinaディスプレイモデルの64GB/128GBは取り扱いが終了していることから、店頭販売も在庫限りになると思われる。

新品同様、中古品も最大8,000円の値下がり

ソフマップの中古品コーナー
中古iPadシリーズ緊急値下げ

 新品のiPad Air/iPad mini Retinaディスプレイモデルの値下がりにあわせて、両シリーズの中古品も値下がりしている。

 中古品を販売しているソフマップ 秋葉原 本館ソフマップ 秋葉原 リユース総合館で最も値下がり幅が大きかったモデルは、iPad mini Retinaディスプレイモデル Wi-Fi 128GBで、値下がり幅は8,000円となっている。

[撮影協力:ソフマップ 秋葉原 本館ソフマップ 秋葉原 リユース総合館]