ニュース

Mini-ITXマザーの真上に設置するCPU水冷クーラーが発売

全高84mmのロープロ設計、Corsair製

(1/30 18:14更新)販売を確認。

 小型ラジエーターを採用したCorsairのMini-ITX向け水冷CPUクーラー「H5 SF(CW-9060023-WW)」が発売された。マザーの上にラジエーターが位置する独特のレイアウトが採用されている。

 店頭価格は税込14,600円前後。販売ショップは、ツクモパソコン本店ツクモeX.パソコン館オリオスペックパソコンハウス東映パソコンショップ アークなど。

 ツクモeX.パソコン館オリオスペックにはサンプルが入荷している。

ラジエーターと120mmファンを内蔵した小型ユニット、全高84mm

 H5 SFは、Mini-ITXフォームファクタに特化したという水冷タイプのCPUクーラー。ラジエーターと120mmファンを内蔵した小型ユニットを用いることで、全高を84mmに抑えたという。

 組み込む際は、ユニットをケースに取り付けるのではなく、付属の支柱付きマウンタを用いて、マザーの真上に設置するというユニークな構造。キューブタイプなど、ある程度の高さがあるPCケースであれば、問題なく内蔵できそうだ。

 ただし、マザーの表面をユニットが覆うため、ヒートシンクなどを備えた大型のメモリモジュールは装着できなくなる。また、マザーの面積からからラジエーターが部分的に張り出すため、PCケースのレイアウトにも要注意。

 重量は850g。素材はラジエーターがアルミ、冷却ヘッドが銅。ファンの回転数は1,000〜1,800rpm、ノイズレベルは36〜42dB。対応CPUソケットはLGA1366/1156/1155/1151/1150、Socket FM2/FM1/AM3+/AM3/AM2+/AM2。

[撮影協力:オリオスペックツクモeX.パソコン館]

[Amazonで購入]