【 2008年10月4日号 】
バッファロー製の高速SSD登場
価格は最安クラスでHDD移行ソフト付き
※(10/1更新)30GBモデル発売、120GB最安値4.1万円に
SHD-NSUM SHD-NSUM
SHD-NSUM SHD-NSUM
SHD-NSUM SHD-NSUM
 HDD移行ソフトが付属するバッファローの高速SSD「SHD-NSUM」シリーズが発売された。

 ノートPCのHDD交換を意識した製品で、実売価格も120GB=4.5万円と最安クラス。速度も「リード150MB/s、ライト90MB/s出ている」(TSUKUMO eX.)という(販売ショップの詳細などは「今週見つけた新製品」参照のこと)。

●付属ソフトとUSBでHDD→SSDに環境移行

 発売された製品は、容量30GBの「SHD-NSUM30G」(実売価格約1.4万円)、容量60GBの「SHD-NSUM60G」(同約3万円)と同120GBの「SHD-NSUM120G」(同約4.1〜4.5万円)の3種類。

 最大の特徴は64bit環境にも対応するHDD移行ソフト「Acronis Migrate Easy」が付属している点。このソフトを使うことで、既存HDDの内容をまるごとSSDに転送、その後ドライブ交換することでPCのHDD→SSD移行ができる。

 なお、SSD本体にはUSBコネクタがついており、移行作業時はこれを使うことで手軽な環境移行ができるという。また、その際はUSBメモリとして認識される。


●速度はライト90MB/s超

SHD-NSUM
【SATA接続時(32bit版XP)】
SHD-NSUM
【ディスク情報】
SHD-NSUM
【SATA接続時(64bit版Vista)】
SHD-NSUM
【USB接続時(64bit版Vista)】
 速度に関しては、「Windows XPの起動時間が30%短くなる(2.5インチ5,400rpm HDDとの比較時)」(バッファロー)というのが公称データで、具体的な速度などは非公開。

 ただし、これについてはTSUKUMO eX.が「リード最大150MB/s、ライト最大90MB/s」というSATA接続時の検証結果を明らかにしている。これは、先週発売されたIntel「X25-M」の「リード240MB/s、ライト70MB/s」に及ばない点があるものの、他の高速SSDに比肩する仕様と言える。

 なお、サイズについては「9.5mm厚」とされているが、編集部で確認したところ、微妙なサイズ違いで装着できなかったノートPCの例があったため、できれば購入前に確認した方が安全とも言える。

 圧倒的な高速性をうたうIntel製SSDの発売やそれに伴う価格変動など、様々な動きが出てきたSSDだが、用途を強く意識したこの製品も注目できる。ブランドの知名度や価格の点でも魅力的で、ノートPCのHDD交換用としては絶好の選択肢になりそうだ。


□関連記事
【2008年10月2日】微妙にサイズが大きい?バッファローのSSD(Junk.Blog)
http://akiba-pc.watch.impress.co.jp/blog/archives/2008/10/ssd_2.html
【2008年9月27日】Intel製SSDが発売に、約8万円
http://akiba-pc.watch.impress.co.jp/hotline/20080927/etc_intel2.html
【2008年9月27日】SSDの特価増える、32GB=1万円や120GB=4万円も
http://akiba-pc.watch.impress.co.jp/hotline/20080927/etc_ssd.html
【2008年9月6日】USBコネクタ付きのSATA-SSD発売、OCZ製
http://akiba-pc.watch.impress.co.jp/hotline/20080906/etc_ocz.html

 (バッファロー SHD-NSUMシリーズ)

[撮影協力:ツクモパソコン本店IITSUKUMO eX.]

※特記無き価格データは税込み価格(税率=5%)です。

[ Back ]戻る  

Copyright (c) 2008 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.