【 2009年8月29日号 】
「玄箱」新モデル発売、タワー型/HDD×4搭載
 OSにDebian GNU/Linuxを採用した玄人志向製NASキットの新モデル「玄箱T4」が発売された。実売価格は24,800円前後(詳細は「今週見つけた新製品」参照のこと)。

 玄箱T4は最大で4基のSerial ATA HDDが内蔵可能なGigabit Ethernet対応のNASキット。タワー型の筐体を採用し、付属のカートリッジを用いて前面からHDDの出し入れができるほか、最上部には動作状態などを表示する小型の液晶ディスプレイを備えている。

 ちなみに、こうした筐体のデザインや構造は、2005年12月に登場したバッファロー製NAS「TS-TGL/R5シリーズ」と同様のもの。搭載CPUはFreescaleのMPC8241 266MHz。OSはDebian GNU/Linux(「lenny」、カーネルバージョン2.6.30)を採用しており、もちろん従来の玄箱シリーズと同様にTelnetでアクセスしたり、細かなカスタマイズを行なったりできるようにもなっている。

 メインメモリはSDRAM 128MB(64bit接続)。また、用途は明らかにされていないが、ブート用として使えると見られる4MBのフラッシュメモリ(NOR型)も搭載している。


□製品情報
http://kuroutoshikou.com/modules/display/?iid=1384

□関連記事
【2009年8月8日】Debian搭載の玄箱が今月発売
http://akiba-pc.watch.impress.co.jp/hotline/20090808/etc_kuroto.html
【2009年7月25日】「神様」のSSD解説やアイドルショーなどのイベントが25日実施
http://akiba-pc.watch.impress.co.jp/hotline/20090725/etc_pcfanev3.html
【2008年12月6日】HDD4台用の「玄箱」が発売に
http://akiba-pc.watch.impress.co.jp/hotline/20081206/etc_kuroto.html
【2005年12月24日】大容量NAS「TeraStation」に新モデル、HDDの前面交換可能
http://akiba-pc.watch.impress.co.jp/hotline/20051224/etc_terastation.html

玄人志向 玄箱T4

[撮影協力:TSUKUMO eX.クレバリー インターネット館]

※特記無き価格データは税込み価格(税率=5%)です。

[ Back ]戻る  

Copyright © 2016 Impress Corporation. All rights reserved.