ニュース

職場の騒音をカット、オフィス向けノイズキャンセルイヤホン「Tilde」のサンプル展示がスタート

 オフィスや外出先での業務効率アップを図るBluetoothノイズキャンセルイヤホン「Tilde」がパソコン工房 AKIBA STARTUPで展示中だ。展示終了日は4月30日(月)。

 メーカーはフランスのOrosound。国内代理店のAmplify Japanがクラウドファンディングで支援金を募っている。

従来のノイズキャンセルでは対応できなかった音域の騒音もカット

 TildeはBluetooth 4.2対応のワイヤレスノイズキャンセルイヤホン。ネックバンドと、左右のカナル型イヤホンとで構成される。

 ネックバンドとイヤホンに内蔵された計8つのマイクにより、あらゆる方向からの騒音に対応するという「360度音声認識ノイズレーダー」技術が採用。従来のノイズキャンセルでは対応できなかった音域の騒音もカットするといい、どんな環境下でも集中できる静かな空間を作り出すという。

 また、自分の声だけを相手に届けられるという「クリスタルクリアコール」機能や、前方60度の範囲の音のみ認識し、その他の音をカットするという「トークインノイズ」機能が搭載。ガヤガヤしたオフィスや外出先での電話対応などがスムーズに行なえるとしている。

 ネックバンドの先端にあるボタンやスライダーで、トークインノイズ機能の操作や、ノイズキャンセルの強弱設定が可能。Bluetoothで2台までの端末と同時に接続できる。

 本体重量は40g。バッテリーでの動作時間は、ノイズキャンセル使用時で20時間、ノイズキャンセル+音楽再生使用時で8時間。充電はMicro USB端子で行なう。

[撮影協力:パソコン工房 AKIBA STARTUP]