ニュース

3連ファン搭載のGeForce RTX 2080 TiがInno3Dから、OC仕様で実売18万円

 NVIDIAの新世代GPU「GeForce RTX 2080 Ti」シリーズ搭載ビデオカードに新モデルが登場、Inno3Dから「GeForce RTX 2080 Ti Gaming OC X3(N208T3-11D6X-1150VA24)」が発売された。

 店頭価格は税抜き166,481円(税込179,800円)。販売ショップはツクモeX.パソコン館で、入荷数はごく少量。

3連ファン搭載のGeForce RTX 2080 Tiカード

 これは、NVIDIAの新アーキテクチャ「Turing」を採用したGPUであるGeForce RTX 2080 Tiを搭載したビデオカード。

 同社からは10月に2ファン仕様のオリジナルクーラーを採用した「GeForce RTX 2080 Ti X2 OC(N208T2-11D6X)」が発売されているが、こちらは3連ファン仕様となっており、より高いクロックで動作する上位モデルとなっている。

 GPUはOCされており、動作クロックは1,665MHz(ブースト時)。搭載メモリはGDDR6 11GB(352bit)で、動作スピードは14Gbpsとなっている。

 そのほかの仕様は、映像出力端子がDisplayPort 1.4×1、HDMI 2.1b×3、USB Type-C×1。本体サイズは272×118mmで、2スロットを占有する。補助電源端子は8ピン×2。

 保証期間は2年で、パッケージにはマウスパッドのほか、ベンチマークソフトの3DMARKとVRMARKのライセンスカードが付属している。

[撮影協力:ツクモeX.パソコン館]