【 2010年9月4日号 】
6Gbps対応「Real SSD C300」の性能を引き出せ!
〜いろんなマザーやRAIDカードを使って速度を比べてみた〜
                            Text by 久保 勇

  
[6Gbps対応品は全て高速?]
    
 

 秋葉原の店頭で1、2の人気を争うSSD「RealSSD C300」。

 今回、RealSSD C300の256GBモデル「Crucial CTFDDAC256MAG-1G1」を4台使用する機会を得られたので、6Gbps/3Gbps対応品を問わず、手持ちの環境に片っ端から接続して速度を比較してみた。

 6Gbps対応をうたうインターフェイスカードやチップセットは増えつつあるが、6Gbpsに対応していればSSD本来の性能を発揮するというわけではない。6Gbps対応コントローラ自体の性能差や、相性のようなものが存在するようで、場合によっては3Gbps対応コントローラの製品に接続した方が良いケースもある。6Gbps SSDは安価なものではないので、使用時の参考にしてもらえれば幸いだ。

 今回テストに使用したインターフェイスは下記の製品。

- 6Gbps対応品 -
ASUS U3S6(Marvell 88SE9123)
 (6Gbps Serial ATA + USB 3.0コンボカード)
MSI 890GXM-G65(AMD SB850)
 (Socket AM3マザーボード搭載チップセットコントローラ)
LSI 3ware SAS 9750-8i(LSI SAS2108)
 (6Gbps Serial ATA/SAS RAIDカード)
LSI MegaRAID SAS 9260-8i(LSI SAS2108) + MegaRAID FastPath
 (6Gbps Serial ATA/SAS RAIDカード+オプションパーツ)
GIGABYTE GA-X58A-UD5 rev. 1.0(Marvell 88SE9128)
 (LGA1366マザーボード追加搭載6Gbps Serial ATA RAIDコントローラ)

- 3Gbps対応品 -
GIGABYTE GA-X58A-UD5 rev. 1.0(Intel ICH10R)
 (LGA1366マザーボード搭載チップセットコントローラ)
LaCie SATA II 3Gbits/s PCI-Express Card 4E(Silicon Image SiI3124)
 (3Gbps eSATA RAIDカード)

 ドライバやファームウェア(BIOS)などはテスト時になるべく最新のものを使用している。6Gbps対応製品はドライバやファームウェアのバージョンが違うだけで速度が激変することがあるため、なるべく各メーカーが公開している最新のものを使用した方がいいだろう。


Crucial CTFDDAC256MAG-1G1

今回使用した機器

 テストに使用しているPCの環境は下記のとおりで、AMD SB850以外のテストはIntelプラットフォーム環境で行っている。

CPU:Intel Core i7 920
マザーボード:GIGABYTE GA-X58A-UD5(X58+ICH10R)
メモリ:PC3-10600 2GB×3
ビデオカード:ELSA GeForce 8800 GTS
OS:Windows 7 Ultimate(64bit)
CPU:AMD Phenom II X6 1090T Black Edition
マザーボード:MSI 890GXM-G65(890GX+SB850)
メモリ:PC3-10600 2GB×2
ビデオ:890GXM内蔵ビデオ機能(Radeon HD 4290)
OS:Windows 7 Ultimate(64bit)

 機材協力 マイクロンジャパン(SSD) / LSIロジック(RAIDカード)
次ページ→:[SSD単体動作編]

※特記無き価格データは税込み価格(税率=5%)です。


[ Back ] TOPに戻る Copyright (c) 2016 Impress Corporation. All rights reserved.